先輩の声

技術部

 S.U.さん 24歳
 2011年入社
 

この会社に入ったきっかけは?
就職活動では主にカスタマーサポート系の職業を探していました。学校でこの会社の求人票を見つけ、チャレンジしてみました。
普段の業務内容は?
親会社である共同通信社の記者、デスクのサポートをしています。パソコンの不具合があると問い合わせ電話が来ます。日々の仕事の中で学んだ知識や過去の事例を生かして問題を解決します。電話対応だけでは難しい場合は、編集局まで出向いたり、パソコンをこちらに持ち込んでもらったりします。シフト勤務なのでシステム的な障害があった時でない限りは残業は少なめです。
職場の雰囲気は?
とてもアットホームな感じで和気あいあいとしています。会社の先輩や親会社のエンジニアは、疑問をぶつけるといろいろと教えてくれるので、分からないことで行き詰まるということはありません。素直な気持ちで仕事に取り組めると思います。
仕事をしていてうれしいのはどんなとき?
支局の記者からの問い合わせで、どうしても電話で解決しなければならず、1時間近くかけて不具合を解消したことがありました。翌日の朝一番に、A4用紙にびっしりと直筆で感謝の言葉が書かれたファクスが届きました。受け取った時は大変うれしかったです。
勤務時間は?宿直勤務があるのは大変?
はっきりいって最初は自己管理がつらいです。仮眠の時間はありますが、明け方に数時間寝るときもあれば、システムトラブルで徹夜になることもあります。慣れてしまえばさほど苦にはならないと思います。
仕事で一番印象深かったことは?
入社して初めての秋に社団共同が基幹システムを入れ替えたときです。丸1日以上会社で待機していたことがありました。万が一のときに記事の配信を停止させないよう二重三重の対策を考え、先輩や社団共同の人たちが働いているようすを見て勉強になりました。
会社を辞めようと思ったことは?
入社したてのころは初めての経験が多く、不安でしょうがない時期がありました。あの時がいちばん情緒不安定でやめたいと思っていたかもしれません。今は楽しくやっています。
上司・先輩はどんな人ですか?
とても優しく、接しやすい環境を作ってくれています。困っている時には、よく先輩から声をかけてもらうことがあり大変ありがたいです。間違ったときなども、なぜそれが間違いなのか、理由を含めてきちんと教えてくれるので、勉強になります。
この会社の魅力は何でしょうか?
すぐに動く行動力があるところがいい点だと感じています。システム障害の際など、職場の人たちが一斉に動き回ります。困っている編集局の人たちのために自己犠牲をいとわないぞ、というところが素敵だと思います。
必要な知識や技術はありますか?
特に必須といったものはありません。記者やデスクの問い合わせに応じるなかで仕事を覚えていくので大丈夫です。ただ、強いて挙げるならパソコンやインターネットの仕組みなどに関する基本的知識があれば仕事に取り組みやすいと思います。
休日の過ごし方は?
好きな運動かショッピングなどをしてすごします。職場の野球やフットサルに参加する時もあります。休日はフリーに使えるので自分の好きなことができると思います。ただ、週末に必ず休みが取れるわけではないので、友達と会う機会が少なくなった気がします。
今後、やりたいことは?
自分にはまだまだ先輩方に頼るところがあります。まずは一人で解決できるようスキルを向上させたいです。学生時代は何事にも浅く広くの精神で取り組みましたが、職業人として深く学ばなければいけないと思っています。
最後に就活生の皆さんにひとこと。
私は50社以上を受けて、年明けにやっと内定をもらいました。まるまる1年間を就職活動に当てていました。就職難で大変な時期ですが、諦めないで積極的に取り組むことが大事だと思います。積極性は仕事に就いてからも大事なことなので損はしないと思います。頑張って勝ち取って下さい。

スポーツ記録部

 T.K.さん 22歳
 2012年入社
 

この会社に入ったきっかけは?
私は以前からスポーツが好きで、スポーツ関係の仕事に興味がありました。そんなときに学校に求人票がきて、この会社のことを知りました。説明会に参加して職場見学があり、仕事内容がすごく魅力的でここで働きたいと強く思いました。
普段の業務内容は?
Jリーグ、プロ野球、大学や高校の野球、ゴルフ、大相撲などいろいろなスポーツについて速報や競技結果を新聞社や放送局に配信しています。五輪、インターハイ、国体など大きなイベントがあると、その仕事を担当することもあります。
職場の雰囲気は?
スポーツ記録は正確さが命です。競技時間が長引いて、新聞社の締め切りが迫っていると特に緊張感が高まり、ピリピリしてきます。しかし、緊張しっぱなしだと間違いを誘発しかねません。力を入れるところと抜くところを織り交ぜて、うまくやれていると思います。
仕事をしていてうれしいのはどんなとき?
まだまだできない仕事もたくさんありますが、小さなことでも一度経験した作業を1人でやりとげたときは嬉しかったです。外部からの問い合わせに対する返答など難しいこともありますが、仕事の全体像が徐々に理解できてきて、自分自身の成長が分かるのも嬉しいです。
勤務時間は?
スポーツ記録部では基本的に宿直はありません。日勤(10:00〜18:00)、中勤(14:00〜22:00)、夜勤(15:00〜23:00)があり、勤務時間は日によって違います。
仕事で一番印象深かったことは?
入社して初めて迎えた夏です。夏は繁忙期で、日常の業務に加えインターハイや国体、年によっては五輪まであるので人手が少なく大変です。人手が少ないと必然的にいろいろな仕事を経験でき、入社後3、4カ月でとても良い経験ができたと思います。
会社を辞めようと思ったことは?
辞めようと思ったことはありません。もちろんミスをして注意され、落ち込むこともあります。しかし、その後のフォローをしっかりとしてくれるので切り替えができています。やりたいと思っていた職業に就いたからでしょうか。違う会社だったら辞めたいと思っていたかもしれませんね。
上司・先輩はどんな人ですか?
時には厳しく言われることもありますが、その後のフォローがとてもしっかりしていると思います。分からないことは、とても詳しく教えてくれます。年齢の近い先輩には、悩みなどの相談もしやすく頼りになります。
この会社の魅力は何でしょうか?
やはり一番は、好きなスポーツに関われることです。私はサッカーが好きなのでJリーグの仕事をしているときは、この会社に入社して良かったと思います。スポーツ記録部では数多くのスポーツと関わりますが、同時にたくさんの加盟社や人と関わります。そういったところでは、人とのつながりを強く感じることもできると思います。
必要な知識や技術はありますか?
特別な知識や技術は必要ありません。実際に仕事を始めてから覚えていけば大丈夫です。ただ、いろいろなスポーツに関わる仕事なので、何か好きなスポーツがあると良いかもしれません。
休日の過ごし方は?
好きなサッカーチームの試合をスタジアムで観戦したり、買い物をしたりして気分転換しています。たまに学生時代の友人と飲みに行きます。
今後、やりたいことは?
五輪などの大きなイベントに関わりたいと思います。五輪は長期間にわたって昼夜逆転の仕事になり、すごく大変なのは分かります。ですが大きな大会なので達成感も格別だと思います。チャンスがあれば頑張りたいですね。
最後に就活生の皆さんにひとこと。
就職活動はすごく大変で苦しいです。じっさい私も苦労しました。ですが最後まで諦めずに取り組んでみてください。「最後まで諦めない」というのは、私が常に考えていることです。部活でも就活でもそうでした。諦めなければ必ず良い結果につながります。そのうえでもし一緒に働くことになったら共に頑張りましょう!